紫陽花色に染まる

自分の気持ちに素直に生きていきたい。

笑っててくれたらそれでいい。

いろいろと、たくさん言いたい事はある。

全てが本当の出来事ではないって思ってる。だからと言って全てが嘘だとも言いきれない。頭では切り替えようとしていても心がついていかない。こういう時にお豆腐メンタル発揮しなくてもいいじゃんか、私。感情の起伏が大きすぎて今週はもう心身ともにボロボロになっている。それでもNEWSの曲を聴けば少しは心が穏やかになる。でもソロ曲を聴く心は持ち合わせてなくて飛ばしてしまう。何がしたいんだろう、私は。

信じてるし信じたいし、これまでもこれからもグループのために走り続ける慶ちゃんに限って変なことはしていないと思ってるよ。自分の仕事においてのポジションのこと考えたら真面目一辺倒ではなくてもマイナスになるようなことはしない。それに信じてしまったら流した張本人の思う壷でしかないことも分かってる。今は何だって出来る時代で音声だって作られたものかもしれないし。

こうやって必死に自分に言い聞かせてるのかもしれない。webの更新はグループとしても止まってしまっている。忙しいから更新出来ないのかもしれない。でもこれまで他愛のないことも更新してた人が更新をしない。RINGの担当は今回は違うけど一向に更新される気配がない。意図的なのか違うのか、それですら不安になって。誰でもいいから更新をして安心させてほしい反面、何かを更新して揚げ足を取られたくないっていう思いもあってどうであって欲しいのかもう分からない。しんどい。つらい。心が痛い。泣きたい。

15周年のメモリアルイヤーだから誰かしらターゲットになるんだろうってことは分かってた。元々私の自担はアンチの多い人だからターゲットにされるんじゃないかとも思ってた。でもここまで晒し上げられるとは思わなかった。ファンがこれだけしんどいんだから本人の心労を考えると…うん。

15周年が終わったらスパッとこの手の記事は出なくなるんだろう。終わって欲しくない15周年なのに早く終わって欲しいとまで思うようになった。そんなことを思う私はNEWSファンとして失格だと思う。でも小山担としてこれから12月までを堪えられる自信はない。だからせめて笑っていてくれたら。every.でも雑誌でもwebでも何でもいい。笑っててくれたらそれだけでいい。慶ちゃんが笑っていますように。味スタが終わるまで何事もなく過ぎていきますように。

こういうことがあっても嫌いにはなれないんだ。やっぱり私は小山慶一郎が好きだ。これからも。

 

 

"バイアス越しに何が見えるの その情報誰が流してるの"

Thunder / TAKAHISA MASUDA