紫陽花色に染まる

君の幸せが私の幸せ。

30代半ばジャニオタ、スキンケアを考える。

珍しく女子(って歳じゃないが)らしいことでも。


9月某日、珍しくこんなことをつぶやいた私。というのも、、、
いや、理由はこれだけではないけども!!!
芸能人と比べても何もいいことはないから比べたりはしないけど、今年は例年以上に肌の劣化が著しいから気にはなってて。今年いろいろあったから老けたってのもあるけど(自虐)。とはいえ無頓着ってわけではなくて一応は気にはしてたんだけどね。同じ商品を長く長く使う性質ではなかったからちょっと見直そうということで重たい腰を上げました。

ソフィーナiP 美活パワームース 本体 90g

ソフィーナiP 美活パワームース 本体 90g

まずは美容液に着手。いくつかの候補の中からお試しサイズが売ってたSOFINA iP ベースケアエッセンス。使った感想は化粧水の入りは良くなった気がする。恐らく化粧水もSOFINA beauteにするともっと効果があるんじゃないかなーとは思う。


10月になってからはこちらを。美容液とメーカー合わせる方がいいのは分かってるけど私の肌には無印良品は適してるみたいで肌トラブルもなし。以前も長く使ってたんだけど紆余曲折を経て舞い戻ってみた。コスパもいいし気にせずバシャバシャ使えるっていうのが利点。美容液も無印良品でそろえる方がいいのかどうか悩み中…


これもコスパ最強!なやつ。パックはLIVE前しかしてなかったんですが(汗)味スタ前から週に2~3回ペースでするように。季節が変わるし高保湿タイプがいいのか、同じものを使い続ける方がいいのか。因みにルルルンのパックは地域限定があって広島はレモンだった気がする。



スキンケア見直しはこんな感じだけどここ数か月で買ったものと言えば…

マキアージュ ドラマティックライティングベース 25g

マキアージュ ドラマティックライティングベース 25g

元々はスキンセンサーベースを使ってたんだけど使い切ったのをキッカケにこちらに。ラベンダー系の色味だから肌の色が明るめに。乾燥する季節だけはこっち使ってまだ春先に元に戻す予定。(ファンデは元々マキアージュ


キャンメイクのコンシーラーを使い切ったので評判の良かったこちらを。まだ数回しか使ってないけど使い勝手は良好。低コストだってことを考えると持ってて損はないんじゃないかなーとは。


ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ バーガンディ系 PK-6 4.3g

ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ バーガンディ系 PK-6 4.3g

イエベなのでバーガンディ系は似合わないことは分かってて購入したら案の定似合いませんでした、なアイカラー。なので、1週間足らずで買いなおしたのがエクセルのウォームブラウン。こっちの方が当たり前ながらしっくりきます。アイカラーはリンメルもほしいんだけどそんなに買い足しても使い切れないので買わない予定。(あくまで予定)
仕事の時は如何にして時短メイクできるかが勝負なので(故にまつ毛はマツエクだし)これの旧タイプのベージュ系を。大助かりです。


リサさんのtweetを見て気になって購入。これはアプリコット一択。ピンクみたいに可愛い色は似合わないし赤は似合わないし。仕事柄マスク常用なので仕事の時は使えないから休みの日で出かけるときには鞄に忍ばせてる。元々これ使ってたんだけど唇が剥けてくるのが気になってて。色はお気に入りなんだけどなぁ、残念。


ラサーナ 海藻ヘアエッセンス L 120ml

ラサーナ 海藻ヘアエッセンス L 120ml

ヘアエッセンスはこちらの広島?限定のレモンの香りのものを。そろそろ底をつきそうでレモンの香りのがもう販売されてないから次何にしようか悩んでるところ。おススメあったら教えてください!


スキンケア、コスメにそこそこ疎い私がお送りしました。同世代の方のおススメスキンケアやコスメがあったらご教授ください。お待ちしております。(NEWSのおかげで美的買うようになって良かったなぁ…としみじみ)
12月は万全の(肌)体調で臨みたい!!

個人的見解なので悪しからず。

気が付きゃドリフェスから全く更新していなかった…お久しぶりです。
今日は本来書こうとしてた記事はとりあえず置いといてずっとモヤモヤしてることを書いてスッキリしておこうかな、と思う。

10月2日、KinKi KidsのFCメールが届いた。内容は年末のドームコンサートは行わないというもの。正直なところ「やっぱりなぁ」とは思ってた。剛くんの耳がドームの音響に耐えられるかっていうのもあったし、何より2人がソロ活動で忙しくしていたからメールが来ても納得はできた。それに伴って年末はNEWSか誰も使わないかの二択なんだろうとも思った。9月に小山担の友達とお茶したときに年末の京セラの話になってKinKiが使うかNEWSが使うかだろうねって話になった。彼女もKinKiのファンクラブに入っていて両サイドの話ができるから結構深く話ができた。どっちに転がっても大阪には行くだろう、そんな話をした約10日後の10月13日にNEWSのFCメールで12月31日、1月1日に単独カウントダウンライブを行うことが発表された。NEWSは今年15周年、その集大成で年始の東京ドームも含めてEPCOTIA再演。当たり前だけど嬉しかった(と同時に少しはやっぱりフクザツな気持ちもあったけど)。
でもKinKiファンからは冷ややかな反応だった。そこから数日後にキスマイが12月15日16日(昨年KinKiが東京ドーム公演を行った日程とほぼ同じ)で東京ドーム公演を行うと発表すると更に酷くなって「キスマイが東京ドーム使ってくれるのは嬉しいよね、年末のNEWSと違って」なんて言われる始末。もちろん「良かったね」と言ってくれる人もいたけどTLにNEWSファンがいるの分かってて皮肉めいたことを言って来たりRTしてきたり。
そりゃーね、そう思ってる人がいても仕方がないとは思うよ。そんなことを言ってるのは一部の人だけだろうとは思ってるけどNEWSファンがそれを見て何も思わないとでも思ってるのかなんなのか。単独カウントダウンをNEWSの4人が浮かれて手放しで喜んでるとでも思うのか。Webだったりラジオだったりで単独カウントダウンLIVEができることを喜びながらもちゃんとKinKiに敬意を表してた。その辺ちゃんと分かってんのか?どうせ上っ面だけで判断してNEWSだから叩いておけ、とでも思って軽い気持ちで呟いたりしてるんだろうけどこのネット社会で本人たちが目にする確率の方が高いだろうし少なからず耳には入ってると思う。KinKiの2人が目にする耳にすることだってないとは言えない。
もちろん前述の通りにKinKiファン全員がそうだとは思っていない。ごく一部のファンが発信しているだけだっていうことも分かってる。でもこういう時に目につくのは好意的な言葉よりも否定的な言葉で、そういう発言ばかりが大きく出回る。私はそこまでRTをする方ではないけどRTを頻回にする人は周りが不快と感じることは自分に降り注いだ時にブーメランになって戻ってくることを分かったうえでRTしてほしい。実際にブーメラン喰らって発狂してる人見てきてるから。

ということで今週木曜日には当落。年末は宇宙旅行ができてますように、というか宇宙旅行します!

幕張メッセへ行ってきた。

実は

f:id:licarrine-k160:20180920223142j:image

行ってきました、ドリームフェスティバル2018。

味スタで発表された時点では行くという考えが全くなかったんだけど。友達にも「行かない」って早々に言ってたしね。でもその友達から誘ってもらった時に1日だけ考えて、やっぱり行かなきゃ後悔するよな絶対…という結論に至りまして。8月が年内最後だったはずのNEWSさんに会いに行ったわけです、大嫌いな飛行機に乗って。←今回は格安航空の人

 

NEWSは予想通りに16日のトリ。恐らく集客のことも考えてトリになったんだろうなーとは思うんだけど良くも悪くも、って感じだったかも。他アーティストさんの時は殆ど退席してる人も多かったしね。確かに私も一旦は退席したんだけど(体調的なことがあって1組だけ見れませんでした、すみません)そりゃ言われたって仕方ないよなぁ…と。ただちゃんと他のアーティストさんの曲も聴いてた人たちもいるわけだから1括りにされてしまうのが、ね。

この話はここまでにしておいて、トリだったNEWSさんだけどちょっと心配と不安もあったんだよね。【ジャニーズ】っていうのがいい方に転ぶのか悪い方に転ぶのか、とか考えてしまって。フェスっていう段階で若干アウェーだなぁって思って。とは言え味スタでバンド引っ提げて数曲やってたしカッコよかったし…

 

なーんて考えてたら暗転したステージに用意されたのはスタンドマイク4本。スタンドマイクって浮かぶのあの曲しかないんですけど!!!

で、定刻になって曲がスタートするかと思ったらモニターに映し出されたのはcompassのリメイクバージョン。もうね、その時点で直前まで考えてたことぶっ飛んだよ。始まったのがフェスじゃなくてコンサート!特効はなかったけど会場を鮮やかにするレーザーや照明、トロッコで縦横無尽に動き回ってタオル回して銀テパーーーーン!!(飛んでこなかったけど)

↑セットリストがこちら。個人的にはKAGUYAは意外だった。あと夜よ踊れ~BLACKHOLEはファン殺しに来たなって感じだったね。シングル曲だけじゃなくてアルバム曲やカップリング曲ぶっ込んでくるとは思わなかったけどNEWSファン以外の人に興味引かせるには良かったのかも。1時間で11曲、MCはいつもの1/10だったけどそれでもNEWSらしさは見られたし、4人が本当に楽しそうだからこっちも幸せだったよ。

 

これでまた今年最後に姿を見ることが出来ればな、なんて思ったりなんかして。あわよくば年始もね。シゲアキその辺どうなの?匂わせついでにポロッてもいいんだからね?予定を空けて待ってるよ!

 

オマケ

f:id:licarrine-k160:20180920235100j:image

ゴーちゃん当たった。これでここからの運は上がって来るか…!?←今年は名義散々の人

 

 

◽︎♡NEWS Happy 15th Anniversary▽〇

NEWS結成15周年おめでとう!

またこうやって節目の年をお祝いすることが出来て本当に幸せだって思うよ。ファンになって月日が浅かった10周年から気付けば5年以上、気付けばNEWSが4人とも30代に突入しててそりゃ私だって30代も半ばになるよなぁ、なんて思ってたり…5年って長いようで短くて、短いようで長い。それが素直な感想かもしれない。

 

私がNEWSファンになったのは、アルバム『NEWS』初回盤Aを手にしたことがきっかけだった。あの時から始まったNEWSファンとしての人生。eighterを卒業して宙ぶらりんだったあの時、なんでアルバムを購入しようと思ったのかは未だに分からないけど、あの時手にしていなければ今の私はなかったと思う。日に日にどっぷりとはまっていったNEWS沼は未だに抜け出せずに今に至るけど後悔は全くない。NEWSを好きになって失ったものもそりゃあるけど得たものの方が多いから。たくさんの出会いや4人から与えられるたくさんの愛はかけがえのないものだと思ってるよ。この歳になって同じ時間を共有出来て一緒に笑って一緒に泣くことが出来る友達が出来たことは本当に感謝しても感謝しきれないくらい。

 

決して楽しいばかりではなくつらいこともたくさんあった。特に今年はつらくてたくさん泣いた。でもそれでもNEWSから離れてしまうことは考えなかった。NEWSのために何が出来るか、とにかくそれに必死だった。一生分のハガキを書いたのも、それで腱鞘炎になって未だに痛くなるのもいい思い出。傍から見れば滑稽な姿かも知れないけど4人が笑う姿を見たかったからそんなのは関係なかったよ。シゲアキ発信でファンからの気持ちがメンバーに届いてることを知った時には無駄じゃなかったんだってやっぱり嬉しかった。

 

4人揃えばファンは置いてけぼり、隠し事が苦手で匂わせまくり、ボケが渋滞しがちでMCは常にタイムオーバー、涙脆くて連鎖式で泣くわ子供みたいにうわーんって泣くわ般若みたいになるわ、広いステージ上でキュって小さくなるし、メンバー同士愛しすぎだし愛されすぎ。でもそんな4人だから大好きなんだよね。ファンのことが大好きでファンのことを1番に考えてくれるNEWSだからファンからも愛されるんだよ、きっと。

 

私が好きになった小山慶一郎はふんわり優しく笑う人だ。あの笑顔にいつだって元気をもらってきた。慶ちゃんが「明日からも頑張れよ!」って言う度に頑張ろうって思えたし頑張れた。ありがとう慶ちゃん。本当に本当にありがとう。

口いっぱいにパンケーキを頬張って幸せそうな慶ちゃんを見た瞬間に始まったNEWSとの人生はこれからも平坦な道のりではないと思う。でも慶ちゃんが、NEWSが笑っていてくれるならそれでいい。それだけで幸せになれるから。だからNEWSには他のどのグループよりも幸せになって欲しいって思ってるよ。

 

永遠なんてないって分かってる。だからこそ今をしっかり楽しみたい。全力で楽しんで笑ってたい。地に足つけて踏ん張って生きていきたい。『終わりなき青春』がこれからも続いていくように真っ直ぐ走っていきたい。たまに息切れするかもしれないけど休憩しながら背中を追いかけていけるといいな。

これからのNEWSにたくさんの幸福と笑顔と愛が降り注ぎますようにと願いながら。

 

今までも、これからも、そばにいてくれてありがとう。

f:id:licarrine-k160:20180915015107j:image

これからもずっと愛してるよ!

気が付きゃ5年が経ち。

2018年9月7日、私にとってスタートである日から5年が過ぎた。10th Anniversary LIVEの東京ドーム公演で初めてNEWSを生で観て、初めて東京ドームに足を踏み入れた。野球好きでもある私は東京ドームに初めて足を運ぶのは野球だろうと思っていたのに初めてを奪っていったのはNEWSだった。(←言い方)
いつものキャスター姿を見慣れてただけに茶髪に若干チャライ感じの小山さんに腰が抜けそうになった。元々チャライのが大の苦手なだけに過去の小山さん(大学生の頃とかの)は正直ノーサンキューだったけど東京ドームという場所がそうさせたのかガッシリと心を掴まれた。もちろんこの時には小山担になって多少月日は経っていたから自担盲目フィルターがかかっていたのかもしれないけど。

数年来の友達も私が小山さんに堕ちた時は驚いていた。元自担や私が好きだと言っていた当時のJr.とは全くタイプの違う人だったから。過去を考えると割と濃いめの人が好きだったはず。それはプロ野球選手にも当てはまって今好きな選手は完全に濃い人だ。だからシゲ担だと思われることも多々あった。そんな私が小山さんが好きだなんて言うんだからそりゃ昔からの付き合いの人はビックリしただろうな。
因みに小山さんに堕ちたキッカケはコンサート映像でもキャスター姿でもなかった。未だに自分でも「何でそれw」って思ってしまうことがある。ただまだEIGHTERだった頃に私がそれを手にしたことは何かの思し召しだったのかもしれない。それを手に取らなかったら今はジャニヲタですらなかったんじゃないかと思う。今でもそれを購入した理由は分からない。でもそれもまたディスティニー(@てごちゃん)だったのかな、とも思う。…で何で堕ちたのかって?それはまたそのうちどこかで。

そこからあっという間の5年、気付けばEIGHTERとして過ごした日々よりも長くなっていた。NEWSがこの15年決して順風満帆ではなかったように私のこの5年間も順風満帆ではなかった。NEWSから離れてしまったら今度こそジャニヲタ卒と思いながら過ごしてきた5年は楽しいばかりでなく辛いこともあったし昨年はこのままフェードアウトしてしまおうかと思った時すらあった。原因は自担である小山さんだった。でも再び楽しいと思わせてくれたのも離れかけたところを引き留めたのも小山さんだった。自担に振り回されてばっかだけど今こうやってNEWSファンでいることに後悔は全くない。小山さんが笑えばこっちも笑顔になれるしNEWS4人が楽しそうならこっちも幸せになれる。それだけ小山慶一郎、NEWSの存在は私の生活の中で大部分を占めている。いい歳して、って思われることは覚悟してるけどそれでも私はこれからも全力で駆け抜けていくNEWSを追いかけていきたいと思う。そしていつも背中を押してくれる小山さんの背中を物理的には無理だけど気持ちで押してあげることのできるようなファンでいたいと思う。

5年間本当にありがとう。これからもずっとよろしくね。

たくさんの「ありがとう」を。

先日フォロワーのろんさんとボランティアへと行ってきた。行き先は呉市、慶ちゃんとは違う場所。「NEWSファンである以上は同じ場所には行かない方がいいんじゃないか」っていうろんさんの呟きを見て確かにそうだよな、と思って呉市へ。まぁ慶ちゃんは私達が参加する前日に3度目の坂町へと行っていたんだけど。因みに塚ちゃんとはニアミスだった模様。因みにこの日にボランティアに行くことは先に決めてたからね。

私が今回ボランティアに行こうと思ったのは完全にプライベートで東京から足を運んでくれていた慶ちゃんやテゴちゃんの存在があったから。慶ちゃんなんてその時点で2度も来てくれていた。味スタ後で疲れてるはずなのに遠くから来てくれている人がいるのに広島に住む私が動かなくてどうする!と。広島市在住の私は被害は殆どなかったし(避難指示出たし家の目の前の川も氾濫する1歩手前だったけど難を逃れた)行きたい、とは思ってたけどあと一歩が出なかったところを背中を押してくれたのは2人だった。

久しぶりに足を踏み入れた呉市の状況は本当に酷かった。私がお手伝いをしたのは畑に土砂が流れ込んだ方で、乾ききった泥を只管スコップで撤去して土嚢袋に詰めていく作業。35度を超える炎天下に酷暑の中作業は本当に辛かった。水分を摂ってもすぐに汗になって脱水気味になる。そうなると力が入りにくくなってスコップが持ち上がらない。体力よりも気力を維持する方が大変だった。でもそんな状態の中奮い立たせてくれたのも前日にボランティアに参加していた慶ちゃんだった。負けてたまるか、って変な対抗心燃やして頭の中で「生きろ」を流しながら頑張った、つもり。

ボラバスでの参加だったから時間が限られていて結局全ての泥を撤去することは出来なかった。それでもその畑の持ち主の方は「ありがとう」とポカリスエットリポDを用意してくれた。見返りが欲しくて参加した訳ではなくただ何か手助けが出来れば、と参加したボランティアで少なからず役に立てたんだと素直に嬉しかった。本当はもっとお手伝いができれば良かったけどね。

たった一日のボランティアじゃ分からないことも多い。でも行かなかったら現状を見ることもなく終わっていた。だからこそ今回ボランティアに行ってよかったと心から思った。慶ちゃんがKEIICHIROで「支えたい」と言っていたけど、こうやって何度も広島に足を運んでくれることで支えてもらった人がいる。大丈夫だよ、慶ちゃん。ボランティアに行くことに勇気が出なかった私の背中を押してくれたように私以外にもそういう人はいると思うし、慶ちゃんやテゴちゃんの気持ちや行動に支えられてるからね。

2人が広島に足を運んでくれたことをパフォーマンスだと揶揄する人もいるけどそんな人達は放っておけばいい。私は言い足りないくらいの「ありがとう」を伝えたい。

 

 

ちなみに土砂撤去はまだまだ終わりは見えそうもないです。ボランティアは今後も必要とされています。参加人数が減っているのが現状だそうです…

これから先もずっと幸せでありますように。

お題「NEWS15周年コンサート "Strawberry" memories」

(レポとか感想とは大きくかけ離れます、ご了承ください)

味スタLIVEから早くも1週間。
当初長く感じていたStrawberryまでの期間が慶ちゃんが仕事復帰してからは本当にあっという間だった。頭も心も回転していない、いろいろなことが頭の中でグルグルとしている中で当日を迎えた。うちわは前々日に付け焼刃で作った。結局日の目は見なかったけど。
LIVE当日始発の飛行機に乗って東京に向かう中、どうしても考えてしまうのはLIVEを心から楽しむことができるかどうか、ということだった。気がかりだったのは自担である慶ちゃんのこと。慶ちゃんが楽しんでくれないとファンだって楽しめない。笑ってくれるだろうか、煽ってくれるだろうか。その時は楽しみよりも不安や心配が勝っていたかもしれない。

その不安を消し去ってくれたのは慶ちゃん本人だった。20分遅れで始まった初日、1曲目のBLUEから楽しそうに嬉しそうに歌って踊っていた(シゲアキがすっ転んだのもあるけど)。煽りもいつものコンサートと同じ。慶ちゃんが帰ってきた、この時に本当にそう感じた。普段から自担は愛でてナンボの私だとはいえ「可愛い」という単語はあまり使わなかったのに目の前で踊られる渚のお姉サマーに崩れ落ちた。下層バックスタンド下段にいたこともあって歌詞の通りの某振りを真正面でされた時の破壊力は今までのNEWSのコンサートで見てきた中でも1番だったかもしれない。34歳男性、私とそう年齢の変わらない人に「可愛い」という単語を使っていいものなのか。でも本当に可愛かった。長い手足を活かして踊る姿はカッコよかった。

私が初めて行ったNEWSのコンサートは東京ドームでの10周年LIVEだった。あの時はNEWSを好きになって初めて行ったLIVEだったこともあって何もかもが新鮮で。そこからWHITE、QUARTETTO、EPCOTIAと3つのツアーに入って(NEVERLANDは諸事情で行けなかった)容量ゼロだったNEWSフォルダを必死に埋めていった。
正直言うとNEVERLANDの頃は心がNEWSから離れかけていた時期だった。ツアーに行けなかった理由がコレではないけど、ツアーに行かなかったことが更にそうさせてしまったことは言うまでもないと思う。ただいつもの私ならそのままフェードアウトしてたはずなのにどうしても出来なかった。NEWSが好きだという気持ちだけはずっと残っていた。私をNEWSに引き留めたものが何なのかは未だに分からないけど、そんな状態の中EPCOTIAの広島公演に誘ってもらえて。物理的にも近い距離で久しぶりに見るNEWSは私を引き戻すには十分だった。目の前で笑っているNEWSを見てるだけで幸せだって思った。

そうして迎えた15th LIVE ”Strawberry”。慶ちゃんがEPCOTIAの時より相当歌唱力が上がってて驚いたり、シゲアキが安定のイケメンかつドジッ子かましたり、まっすーが可愛い生き物でしかなかったり、てごちゃんが甘え上手の乗せ上手だったり。NEWSだからこその温かい空気に包まれたLIVEだったなぁ、と心から思う。「これからもついてきてください」「俺の方が愛してるよ!」「お前ら離さないぞ!」そんなことを言う自担から離れられるわけなんてない。これからまだまだ何かを仕掛けてきてくれるだろうNEWSを追いかけていきたい。自分の気持ちに素直になることができた2日間、本当に慶ちゃん、シゲアキ、まっすー、てごちゃんには感謝しかない。本当にありがとう。味の素スタジアムに連れてきてくれてありがとう。
f:id:licarrine-k160:20180812005248j:plain
2013年から始まった私のNEWSフォルダの容量がこれからも更に増えていきますように。



f:id:licarrine-k160:20180813000840j:plain
2018/8/12、都内某所やみこや会にて。