紫陽花色に染まる

自分の気持ちに素直に生きていきたい。

届けっ!愛の言葉。

3週間。周りから見たらたった3週間かもしれない。でも私にとってはとてつもなく長い3週間だった。ご飯が食べられなくなったり不眠になったり、夜になるとメンタル落ちてきてマイナスのことしか呟けなくなって。SNS上で自担が叩かれることに耐えきれなくて片っ端からミュートしていったりもした。自分の弱さを露呈した3週間だったと思う。

「慶ちゃんが戻ってくる場所を残してあげてほしい」、その一心でとにかくハガキを書いた。もう一生分はハガキを書いたんじゃないかってくらい。ハガキ代と切手代は計算したくないけど、それくらいしか自分が慶ちゃんのためにNEWSのために出来ることはなかったからその出費は惜しまなかった。ハガキ書いてる間は無心になれるし、自分の本心を書けるからそれで少しずつ心の中のモヤモヤを消化していったのかもしれない。とはいえ消化されてもすぐに溜まっていくっていう無限ループ状態だったんだけど。

少しだけ光が見えたのはKちゃんNEWSをまっすーが代理で担当してくれることになった時だった。たしかにあの時動けたのはまっすーだけだった。でも舞台前で忙しいんだから断ることも出来たはずなのにひとりでラジオを進行してくれた。まっすーの優しい声と、その時流れた『NEWSニッポン Represent NEWS Mix』を聴きながら泣いた。いい大人が大号泣。まっすーの声に救われて、NEWSの歌声に励まされた。でもそれと共に本来聴こえてくるはずの声がラジオから聴こえてこないことが寂しかった。その事がハガキ業務に火を付けたのかもしれない。KちゃんNEWSなのに慶ちゃんいなきゃダメじゃん!ザ少年倶楽部プレミアムで4人楽しそうに進行している姿をこれからもずっと見てたいよ。自分のやっていることが各局にどれくらい伝わるかは分かるはずもなかったけどとにかく思いは届いてほしい。それだけだった。

そして6月26日。仕事の後マツエク終わらせてiPhoneを見たらFCからのお知らせメールが届いていた。パッと見物々しい雰囲気のメールに恐怖しかなかった。車の中で暫く悩んだ末に会員ページ開いた瞬間に、、そりゃもう泣くしかないよね。

考えていた期間よりも早い復帰のお知らせ。慶ちゃんが戻ってくる、それだけで涙腺崩壊させるには十分だった。この人何回ファン泣かせりゃ気が済むんだろ、「ごめんね、もう二度と泣かさない」って歌詞作ったくせにさ。事務所からのコメントに「皆様から頂戴した様々な意見」っていうのがあって、必死に頑張って書き続けたハガキも後押しになったのかな、って。シゲアキもハガキに関しては書いててくれた。ちゃんと本人達の手にも渡ってたんだ、と思うと嬉しかった。

復帰の日はBLUEの発売日。スポットが流れ始め(広島は流れてないけど)、音楽活動は4人で行うと正式発表され(関西ローカルの番組で言ってたらしい)、収録済みだったMUSIC FAIRも放送されることになり、次週のKちゃんNEWSのパーソナリティも決定した。正直なところまだ頭と心が比例せず心配なことも多い。でも今は画面越しに笑ってくれるのを見られることを素直に喜びたい。

次に課せられた私たちの試練はBLUEを1位にすること。

追いBLUEがんばる。NEWSに喜んでもらえるようにがんばるよ。

「ごめんなさい」はもういらないからね。謝らなくていいから。また楽しそうに笑う姿が見られたらそれでいいから。8月11日、味の素スタジアムで笑顔の4人に会えることを楽しみにしてるよ。

 

慶ちゃんおかえりなさい。これからもずっと大好きだよ。(重いw)

 

 

余談。

W杯見た直後の感想がこれ。私はリーダーだとかキャプテンたる人が好きな模様です。