紫陽花色に染まる

自分の気持ちに素直に生きていきたい。

少しずつ前へ not alone。

固形物を食べるのがしんどくて、食欲がわかなくて、水曜日の夜からあまり食べることができず体重が2キロ強落ちた。少しは食べられるようになったけど食べると胃が痛くなる。自分の弱さを改めて実感。

ブログの更新は悩んだけど吐き出すところがほしかったから書き連ねておく。見たくない人はブラウザ閉じてください。


小山さんが謝罪した翌日のビビットではシゲアキが憔悴し切った表情でそこにいた。オープニングがMLBの話だったからそこに文句を言う人たちもいたけどそれはシゲアキの所為じゃないし番組サイドがそうしたんだから文句を言うのは筋違いだと思う。シゲアキが小山さんと同じように経緯を話し頭を下げる。2日連続で大好きな人たちのそんな姿を見るのは本当に辛かった。通勤時間と被っていたこともあってカーナビで流れてたんだけどシゲアキが謝罪した後の太一くんや真矢さんの言葉に泣いた。ビビットでこのことを報じる前、スッキリで先に取り上げられていてその時もメインMCである加藤浩次さんが2人に非はあるけど全て2人が悪いわけではない、これからまたひとつずつ頑張ってほしいというニュアンスのコメントを出してくれていた。只でさえこの時点で泣いてたのに追い打ちをかけられた。仕事前に化粧はボロボロ、相当酷い顔をしていたと思う。

世論は2人に否定的な意見が多い。意図的なのかそういう意見ばかり取り上げられる。そうなることは分かっていたからファンは耐えるしかないって覚悟はしていた。でもこの週末、全てが否定的ではないって感じる場面が少しずつだけど増えてきた。職場ではジャニオタだと一切言っていないから金曜日の昼休みのWSは相当キツかった。でもその報道を見ていた同僚たちは「ここまでする必要ないと思う」「毎回年齢確認してたんだったら女にも問題あるじゃろ」と言ってくれた。SNSではタレントさんたちが前向きになるようなtweetをしてくれていた。慶ちゃんが謝罪をした木曜日は直後にシゲ担の友人が電話で励ましてくれて一緒にコヤシゲに愛あるムチを打った。一緒に野球に行った友人は落ち着くまで時間をくれて出迎えてくれた。昨日は数年ぶりにeighter時代の友人がLINEをくれた。慶ちゃんとシゲアキが周りに恵まれているように、私自身も恵まれているのかもしれない。

まだ数日しか経っていないこともあって否定的な意見を目にする機会は多い。調べたいことがあって検索サイトを開くと8割方嘘か本当か分からない記事が並ぶ。ファンを煽るような記事も多い。でも本人や事務所発信じゃない憶測の記事を真に受けてこれ以上のショックは受けたくない。まだ誰も2週間で復帰だなんて言っていないし今後のことなんて決まっていない。事務所からいずれは出されるであろう今後についてをただ待つだけ。ただただ待ってるだけ。今辛いのは慶ちゃんだしシゲアキだけど、ファンだってこれだけ辛い思いしてたんだってことは本人たちにしっかりと伝わってくれたらいいと思う。それくらいは許されるよね?

TwitterのアイコンをNEWSとKinKiのツアーグッズから慶ちゃんに戻した。ファンレターを出した。多方面に番組継続の要望を出した。BLUEの予約枚数を増やした。傘蟻を予約した。買っていなかったチュベローズを買った。それが今の私の意思表示。結果として結びつかなくても思いが届けばいいと思う。その先に結果が伴ってくれたら。伴ってくれますように。

慶ちゃんはシゲアキが、シゲアキはテゴマスがしっかり支えてくれるはず。ファンもNEWSも『U R not alone』だと信じたい。