紫陽花色に染まる

球春明けましておめでとうございます~2017

まっすーの本音。

今月のMyojoの1万字。

2ヶ月前の慶ちゃんから始まってシゲアキからバトンを回されたのがまっすー。
この3人だと1番中身が想像できなかったのがまっすーで、読むのが怖いと感じていた1万字でもあって。
オープンに想いを出す慶ちゃんやシゲアキと比べて想いは心の奥に秘めてることの方が多いっていう印象が強いだけに読むのに勇気がいったかも。

2人の脱退が決まって今後を考えていかないといけない時期に重なっていたのがテゴマスのコンサート。
NEWSとテゴマスの間で悩んで悩んで揺れ動いたこと、それはてごにゃも同じで2人お互いに悩み抜いたこと、てごにゃが出した答えと自分が出した答えが同じだったこと。
まっすーとてごにゃには仮にNEWSが解散していたとしてもテゴマスっていう大きなものがあったからどちらかだけをって選択は可能だったし、当時は先がまだ白紙状態だったNEWSに縋り付くよりもその方が良かったのかもしれない。

でもまっすーも泣いて苦しんで悩みぬいた結果NEWSとテゴマスの両方を選んでくれたこと、本当に感謝でしかないよ。
メンバーはファン声がNEWSを残してくれたっていうけどやっぱりファンの声だけじゃ残せてなかったと思うしね、メンバーがNEWSをこのままやっていきたいって言わない限り。


慶ちゃんがリーダーやらせてくれ、って言った時のエピソードで「小山とシゲ2人でしっかり話をしていたんだろうけど」と前置きしつつも「リーダーいらなくね?」「俺ら(テゴマス)の上に立つ気?」とまで思ってたとか。
それはね、そう思っても仕方なかったんじゃないかって今なら思う。知名度的なものだってそうだし。
でも『自分以外の3人が、いい状況でいられることにかけてるっていうか、つねに3人のために現場にいるんじゃないかってくらい。リーダーは小山で合ってたんだなって思うよ』って言ってくれたまっすー。
慶ちゃんにNEWSの目って言われるくらいにしっかりメンバー一人ひとりを見てくれているまっすーだからこそ嬉しかったよ。


まっすーってあのキャラクターだから本音が見えてこない分今回の1万字は本当にいい意味で重たかったけど、あぁまっすーだなぁ…って思わせてくれる内容でした。
ラストを飾るてごにゃのも期待。別の意味で怖いけど。