紫陽花色に染まる

球春明けましておめでとうございます~2017

そんなこんなでテゴマス。

『テゴマスの青春』
広島公演参戦してきました。
もちろん両日参戦で。

テゴマスのコンサートに入るのは人生初だったからどんな感じなんだろー?ってふわふわしながら行ったわけなんですが、、、
NEWSの手越祐也・増田貴久の印象が殆どなくて、アイドル枠から外れた1アーティスト!って感じで。


基本的にコンサートはセトリ検索しないままで参戦することが多いとはいえ、てごにゃがセトリは見ないで来て欲しいって言ってたし(TLで不意打ちに回ってきたことはあったけど)歌う曲は何と無く分かれど順番までは把握せずに行ったのね。

テゴマスワールドにガッツリと引き込まれましたよ。
もうね、ただただ凄い!の一言。

しっとりと聴かせる曲があって
ノリノリにさせてくれる曲があって
ド迫力の曲があって



(ここから曲名少し出します。)






2日間とも同じ曲なのに、まっすーの歌い方ひとつで全く違う曲なんだよ。
innocenceは特にそうだった!
広島から最終公演の名古屋まで日にちがあるからかもしれないけど、歌い出しの野太い声が本当に鳥肌もので。
てごにゃが高音域出すことが多い分(主旋律もハモも)まっすーの低音ってゾクゾクするっていうか。

シュプレヒコールは殆ど聴いてなかったんだけど、生音で聴いてここまで心に入ってくるとは思わず…
セピア色で映し出される2人の姿とスクリーン上に流れる歌詞の文字。

何かもう心鷲掴みにされたよね。
ここ最近WESTしか見てなかった私にはかなりの衝撃だったよ。



初日のMCはサッカーvsミニ四駆を繰り広げたテゴマスさん。
2日目はてごにゃが本番20分前までスタンド席をゴスロリ祐子に扮して徘徊してたことが発覚…!

しかも私ら座ってた席の近くだし!!
遭遇したかったーーーーー!!!!!

ただあのゴスロリハンパなさすぎて出くわしてても目は合わせてなさそうだけどな…
いろんな意味で凄いよ手越祐也